Microphone

Shure Vintage Micを集めました。

左より、Beta57,SM58,S330,SM56,SM7

ビンテージマイクには音に憂いがありますね。

最近の使い方は

Beta57はSn Bottom

S330はパーカッションのオーバーヘッド

SM7はギターアンプ


Apollo8

ユニバーサルオーディオの製品でApollo8を使っています。

1uのオーディオインターフェイスに

PCをサンダーボルトで繋いで、パソコンの画面で操作します。

ビンテージの機材がそのままの操作と音色で

使えます。個人的にはテープで歪ませる

ボーカルが好きです。


ワードクロック

デジタル機材のマスタークロックで音色が

変わります。

ミキシング・コンソールに使うと

低音の伸びや全体の分離が良くなります。

Midi Detafiler

アーティストの曲ごとにDelay Timeを作りますが、ツアーごとに設定するのがたいへんなんです。だからMidi DetaをファイルするのですがMDF3はもう25年も前の製品、やっと手に入れました。フロッピーディスクに記録です。

HeadAmp

マイクの近くでヘッドアンプを使うとケーブルによる影響が少なくなるので、ステージ上にてヘッドアンプを結線する。各メーカーで音色が違うので、いろいろ試すのが大変です。

Focusrite RED1はギターに確実に良かったので購入しました。ドラムに良いヘッドアンプを模索中。

Analog Console

Midas Heritage たぶん人類最後の大きく、重たいアナログコンソール、これを客席に運ぶのはとても大変です。もう30年も前からデジタルコンソールが出てきて、現在はほとんどデジタルコンソール。個人的にはアリーナクラスのツアーをSSL G シリーズで回るのが夢でした。

(写真はライブハウスの物です)

Digital  Console

最近のコンサートはデジタルコンソールがほとんどです。コンパクトであるのが一番のメリット。音色の向上がこれからの課題であると思います。

(写真はコンサート現場より)